データファイルを送る方法

ファイル

サイズの大きなファイルをやり取りできる

パソコンを使うことが多い仕事場では、サイズの大きなファイルをやりとりする機会が多く発生します。小さなファイルであればメールに添付して送信することも可能ですが、サイズには上限があるため大きなファイルでは難しいのが実情です。こうした課題を解決してくれるのがファイル送信サービスと呼ばれるものです。メールでは難しいサイズの大きなファイルを送信することが可能になっており、ビジネスシーンでは欠かせない存在となりつつあります。どのようにしてこのサービスがサイズの大きなファイル送信を可能にしているのかと言うと、専用に用意されたサーバーに一旦保管し、それを相手がダウンロードするという仕組みになっているからです。送信する側も受信する側も任意のタイミングでアクセスできるため、ネットワークに過大な負担をかける恐れがありません。サーバーに保管すると聞くとセキュリティーの点で不安に感じるかもしれませんが、アクセスできるのはダウンロード用のアドレスを知っている人物のみに限られるため、秘匿性は保たれます。さらにサーバーからダウンロードする際の通信も暗号化されていますから、悪意のある第三者に傍受される恐れもありません。IPアドレスで制限をかけることで海外からのダウンロードを防ぐこともできるなど、強固なセキュリティーが確保されているファイル送信サービスと言えるでしょう。各社とも無料で利用できるファイル送信プランを用意しているところが多く、気になる方はまずはそれを試して自身の使い方に合っているか確認してから契約するのがおすすめです。